アストンマーチン ヴィラージュ!! 超カッコイイ
2017/02/07 19:35:13

ヴィラージュの走りはとにかく豪快の一言に尽きる

ヴィラージュのボディはアストン独自の接着式アルミ“VH”構造。航空宇宙産業からフィードバックされたテクノロジーで、頑丈だが、軽量なプラットフォームが形成されている。それを今回はヴィラージュ用にさらに強化している。

その成果はオープンカーのヴォランテでよくわかる。海外試乗会でハンドルを握ったヴィラージュ・ヴォランテは、これまでに乗った4シーターオープンカーの中で、ベスト3に入るボディ剛性を実現していたのだ。

乗り心地に関しては、センターコンソールにある、アダプティブダンピングシステムで、ノーマル/スポーツの2段階に切り替えることが出来る。乗り心地の硬さの差は明確。路面によりいろいろとトライしたが、日常の使用はノーマルがベストだ。

さらにセンターパネルのsportボタンを押すと、アクセルレスポンスの鋭さが変わる。スポーツモードを選択すると、町中でも勇ましいエキゾーストサウンドと素早い加速を楽しむことができるのだ

ヴィラージュのミッションはマニュアルシフトモード付きの6速AT。

エンジンをスタートさせる。いきなり3000回転まで勝手にエンジンが上昇する。アイドリングまで回転が下がったところで、Dのボタンを押すと準備完了。V12の6リッター、497馬力はDBSに次ぐ高出力。トルクは570Nm。こちらはDBSとDB9と同じだ。

Dレンジを選択しての走りはとにかく豪快の一言に尽きる。V12の6リッターエンジンは一気に6500回転まで上昇し、0〜100km/hの加速はノーマルモードでも5秒台。走っている姿も美しい。

ナナメ後方に開くスワンウイングのドアは乗り降りがとてもラク。本革をふんだんに使用した室内は斬新なデザインで、別世界に引き込んでくれる。700Wのバング&オルフセン製オーディオも臨場感にあふれている。

ヴィラージュは、豪華さと、使い易さと、速さと、美しさをすべて兼ね備えたスーパースポーツクーペと言える。

この記事のURL : http://www.prosperity1.co.jp/519028.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

この記事にお問合せする

名前
メール
URL
お問合せ内容
お問合せ認証キー
イメージを更新
※複数のページを開いてる場合は、コメント登録前に認証キーを更新して登録してください。

この記事にコメントする

名前
メール
URL
コメント
コメント認証キー
イメージを更新
※複数のページを開いてる場合は、コメント登録前に認証キーを更新して登録してください。

この記事へのトラックバックURL

http://car.blogten.jp/tbrv.asp?519028